マイホームは中古物件にするといいらしい。

マイホームは中古物件がいい
最近はお金に関する本を2冊読み、勉強しています。
その両方に書いてあったのが、「中古物件がいい」ってことです。

何がいいか、って言うのを説明していきますね。

スポンサーリンク

中古物件のメリット

1、イメージがつきやすい

新築の場合、イメージと異なるケースがあるそうです。例えば、モデルルームで「景色がいいですよー」と言われ、「そうか!景色がいいのか!」と思っても、実際に入居してみたら建物ばかりが見える…なんてこともあります。
でも中古物件の場合は、実際の窓から景観を確認できます。もちろん内装も。そのため、イメージしている暮らしと実際に住んでみた暮らしのギャップが少なくすみます。

2、周りの状況が知れる

新築マンションは、でき次第一斉に入居していきます。そのため「どんな人が住むのか」、住んでみるまでわかりません。
中古マンションであれば、ある程度「隣にこんな人が住んでいる」「騒音問題はないか」など知ることができます。

3、価格が下がる

新築に比べ、中古物件は2〜3割値段が下がります。築年数によっては、5割さがることもあるようです。
家は大きな買い物なので、2割でも下がれば結構な額になります。安くなるのは嬉しいですよね!

とは言うものの…

一概に「絶対中古物件がおすすめ!」とは言えないらしいですが、失敗が少ない買い物をできそうなのは良さそうですよね。
今まで「マイホーム=新築」と考えていましたが、視野を広げて中古物件も選択肢に入れるのもいいと思いました。もちろん中古物件のデメリットもありますので、そこはしっかり勉強が必要そうです。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング