狭い家をみると、ワクワクしてくるようになりました

家具は処分に困る
今の家を探しているときは、「広くて収納がたくさんある家がいい」と考えて、物件を探していました。

でも実際住んでみたら、夫婦2人には広過ぎる部屋でした。
収納スペースも広かったので、「あ、これも買おう」と大きなものもためらわず買ってしまっていたのも今の家だからかもしれません。

スポンサーリンク

物を減らすようになって変わったこと

断捨離にハマるようになってから、少しずつ物を減らすようになってきました。

それからというもの、今の部屋では夫婦2人では広くて使い切れていないスペースがでてきたのです。

それってとてももったいない。
いくらスペースが空いていたって、家賃は同じ分だけかかるのです。

今より狭い家をみて思うこと

少し前まで「1LDKで本当にやっていけるのか」不安でいました。(仕事の都合上、作業スペースが必要なので)

子どももいつか生まれたときに狭いのではないか、という心配もありました。

引っ越しを検討しているけど、なかなか踏み出せないワケ
今は夫婦2人で2LDKの家に住んでいます。モノを減らし始めたことで、「もうちょっと狭い家でもいいかな?」と思うようになってきました。 ...

それでも物件を見て行くうちに、今よりも狭い家をみるとワクワクしてきている自分もいたのです。

「この限られたスペースで、どう上手く収納しよう」
狭いスペースを活用するアイデアを考えることが楽しくなってきたようです(笑)

昔はあんなに広さにこだわっていたのに、不思議ですね。
物を減らすと、ここまで考え方が変わるようです。

断捨離パワーってスゴいですね!

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング