わたしのお金のかけどころ。お金の使い方を変えたことで、幸せを感じやすくなりました

リビングのテレビ位置を変える

むかしのわたしは、洋服や持ち物、財布など、身に付けるものにお金を使っていました。

「人からよく思われたい」って意識があったからだと思います。

外で使うものはお金をかける。
代わりに、家で使うものは適当に100均あたりで済ませていました。

部屋のものにはお金をかけなかったので、持っているアイテムに統一感はなく、オシャレ度なんてゼロ。
部屋は散らかりっぱなしで、家にいる時間は本当にズボラそのものでした

スポンサーリンク

お金の使い方をかえたら、幸せを感じやすくなった

人によく思われるために使っていたお金を、自分の暮らしが快適になるために使うようにしてみました。

毎日使うキッチン道具、掃除道具。
毎日のように目にする家具など。

使用頻度が高いからこそ、お金をしっかりかけてお気に入りのものを買ったことで、一気に家の中が快適に。

お気に入りに揃えたことで大切に扱い、壊れないようにすぐにしまうようにもなりました。
おかげで部屋の中がスッキリするように・・・

すると、家の中にいると心が落ち着き、ホッと安心できる場所になりました。

家で一息ついたときなんかに、部屋のまわりを見渡してみると、「あぁ、幸せだな」って思うことが増えました。

自宅にいる時間が好きだからこそ家の中にお金をかける

わたしは家にいる時間が好きです。

だからこそ、部屋のなかにあるものにお金を使うことで幸せを感じやすくなったのだと思います。

きっと出かける時間が多かったら、またお金の使い方も代わり、幸せを感じる場所が違ったかもしれません。

自分に合ったところにお金をかけるようにしたことで、幸せを感じる機会が増え、自分らしくいられるようになった気がします。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング