「片付け」はしまうだけではダメ。しっかり根っこから散らかるもとを撃退させよう

油断すると、部屋のなかって本当に散らかりやすいですよね。
片付けても、またすぐ散らかって・・・

これではいつまでたっても片付けに追われてしまいます。

そうならないためには、散らかる根本的な原因を撃退する必要があります!

スポンサーリンク

すぐに使うものは片付けるだけでもスッキリするけれど…

よく使うアイテムは、「片付ける(しまう)」ことである程度スッキリさせられる気がしています。

もっと詳しくいうと、使ったら決まった位置に戻す。

「使うときに出す→使ったらしまう」の片付けを繰り返すことで、スッキリ見せることができます。

不要なものは片付けてはダメ

反対に、いらないもの(不用品)は、片付けてはダメです。
しっかり捨てる必要があります。

この捨てるって行為が片付けるよりも難しかったりするんですよね…。

わたしも捨てるのが苦手でとにかくクローゼットにものをつめこみ、片付けたってことにしていました。

おかげでクローゼットのなかは大変なことに・・・
その頃の写真は、こちらの記事からみることができます。

【断捨離を本気でしてみた結果】これだけクローゼットがきれいになりました

今ではクローゼットのなかはだいぶスッキリしました。

カバンの収納方法

カバンも吊るして収納して、シンプルに。
カバンの数を減らすことで、こういった収納方法もできるようになりました。

昔はそんなスペースがまったくなかったもんなぁ・・・。

片付けは「しまう」だけでなく「捨てる」ことも大切

よく使うアイテムは、使ったらすぐしまう。
もう使わないアイテムは、しまわないで捨てる。

この2つをすることで、部屋が散らかりにくくなることがわかりました。

休日に片付けで1日が終わらないためにも、これからも実践していきたいところです。

もし「不用品はどうやって捨てればいいの?ただ捨てるのはもったいない」というかたは、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

不用品はどうやって手放せばいいの?断捨離するときに使いたい買取サービスまとめ

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング