お金を貯められない人は、お金を使っている意識がない

図書館で借りてきた本を読んでいたら、「あぁ、これ昔のわたしだなー」って懐かしくなりました。

その本は、貯められない女のためのこんどこそ!貯める技術

30代後半になるイラストレーターさんのお金が貯まらない体験談を漫画にした本です。

スポンサーリンク

気がついたらお金がなくなっているは危険

お金を貯められない女のためのこんどこそ貯める技術

筆者の池田さんがどんな暮らしをしているかというと、カツカツなのです。

次の給料(フリーランスなので実際は売り上げ)が振り込まれるまで、貯金残高は1万円ほど。

しかも次の給料まであと10日もあるんです・・・

実家暮らしならなんとか生活していけますが、一人暮らしとなると自分で食事を用意しなければいけませんよね。

買い物するごとに減っていくお金・・・もう読んでいるこっちまでヒヤヒヤです。

これが実際の生活と思うと、とてもわたしでは心臓がもたない暮らしだと思います。

本人は何にお金を使ったか意識がない

どうしてこんなにもお金がないかというと、余計なものにまでお金を使っているのです。

店員さんにすすめられるがまま買ってしまったり、1つ買えば済むものを全部買いそろえてしまったり。

一番困ったことに、本人がお金をつかった自覚がないことです。

「どうしてわたしはお金がないのだろう?」って(笑)

いまではわたしも「それはお金を使っているからだよ」って冷静につっこみをいれられますが、たしかに昔のわたしも「なんでわたしはこんなにお金がないんだろう」って思っていました。

とくに大きな買い物もしていないのに、贅沢もしていないのになんでだろう?って。

でも家計簿をつけるようになったいまだからわかるのは、意識していないうちにあちこちでお金を使ってしまっているってことです。
こういうかたは意外と多そう。

お金をつかっている自覚がないって、一番危険な気がします。

貯められない女のためのこんどこそ!貯める技術を読んで、改めてざっくりでもいいから家計簿をつけて、お金の流れを管理した方がいいなと思いました。

ザックリ家計簿でお金を把握しよう。我が家の家計簿の付け方

この本はいままでまったく貯金をしてこなかったかたが、「わたしも危機感をもって貯金したい」と思うきっかけになる本だと思います。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング