住宅展示場へ行ってきました。あまりのオーバースペックに驚きでした

広い家・リビング

マイホームの購入を検討するようになってから、住宅展示場へ足を運んでみました。

色んなお家を見ることができるので、妄想が広がって楽しいものの、ビックリの連続でした。

スポンサーリンク

住宅展示場は、私には広すぎる

一番驚いたのは、住宅展示場の家がどれも広いことです。
40平米の家でこじんまりと暮らしているわが家には、広すぎたのです。

「こんなに広いんじゃ、掃除も大変そう・・・」

つい、掃除のことで楽をしようとするズボラ精神(笑)

やはり私には小さな暮らしが合っているなぁ、と再認識しました。

設備もこだわっていて、高そう・・・

住宅展示場は、「こんな家に住みたい」と思わさせるために、色んな工夫がされています。

住宅展示場が営業ツールでもあるので、設備にもこだわっています。
大きなパントリールームがあったり、照明の調整が細かくできるようになっていたり、玄関が大理石だったり・・・。

こちらも私にはオーバースペックのように感じました。

住宅展示場のお値段を聞いても、「やっぱりわが家とは別世界の話だ・・・」と思ってしまいました。

もっと必要最低限の暮らしでいい

住宅展示場に行ってみて、「無理せず、見栄をはらず、もっと自分たちにあった暮らし」をしたいと考えました。

大理石も、高度な照明設備もいらないから、自分たちの無理のない範囲で家を建てたい。

住宅展示場へ行くと、夢が広がって、「私もこんな家が欲しい!」ってなるかと思いましたが、反対に、「こんな高スペックな家はいらない」と現実をみるようになりました(笑)

数年前まで「家は広いに越したことがない」と考えていましたが、今の家に引っ越してから、大きく考え方が変わったようです。

家を買えないものか。私がマイホームを検討している理由
大きな広い家は、散らかりやすい。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング