シャンプー底のぬめり対策に、ボトルの位置を変えてみました!

お風呂場の掃除って結構やっかいで、めんどくさいですよね。
置いてあるものにカビが生えてしまったり、ぬめりがついてしまったり・・・。

だからわたしはお風呂場には極力、モノを置かないように意識しています。

我が家のお風呂場を初公開。浴室に置いてあるものは、これだけです。
お風呂場はリフレッシュするところ。だから、モノは多くおきたくない。 そんな風に考えています。 だから我が家では、浴室に置いてあるもの...

ただどうしても、シャンプー・コンディショナなどの最低限のものは、お風呂場に置くしかない状況です。

定期的に掃除しているつもりでも、すぐにシャンプーの底にぬめりがたまって、不衛生になってしまうのが悩みでした。

スポンサーリンク

シャンプー底のぬめりが気になる

お風呂場のボトル
今までは写真のように、お風呂場に設置されている棚に、シャンプーとコンディショナーのボトルを置いていました。(右側の洗顔料はもう置いていません)

これだとどうしても、棚とボトルの隙間にヌメリが溜まってしまいます。

そこで、置く場所を変えてみることにしました!

タオルハンガーにシャンプーを置いてみる

お風呂のぬめり対策
今回から、シャンプーボトルの置く場所を、タオルハンガーにしてみました。

「落っこちないかな?」と心配になりましたが、意外と平気です。
数日経ちますが、まだ落ちたことがありません。

タオルハンガーなので、シャンプーボトルの底とポールの接地面はごくわずか。だからぬめりがたまる心配が減りそうです。

棚には極力置かない
棚についても、すっきり。

これならお風呂から出る前に、シャワーでさっと流せば汚れが溜まりにくそうですよね。

なんでもっと早く気がつかなかったのだろう?

ボトルの位置を変えるだけなので、ぬめりに困っているかたは、ぜひお試しくださいませ!

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング