麦茶の容器をよりシンプルなものへ。無印良品のピッチャーにしました

春から夏へと季節が変わろうとしている、6月。
わが家の中でも変化があって、冬から春にかけてお休みしていた、麦茶作りを再開するようになりました。

麦茶って、ほんとコストパフォーマンスが高い飲み物だと思います。

夏に活躍する「麦茶ティーバッグ」のコストパフォーマンスがすごい!
「夏はやっぱり麦茶!」 夏にキンキンに冷えた麦茶はとても美味しいです。夏休み気分になれて、ワクワクするのは私だけでしょうか? ...

夏は毎日のように麦茶を作って飲むほど、麦茶ティーバッグを愛用中です。

スポンサーリンク

麦茶の容器をよりシンプルなものへ変更しました

無印良品のピッチャー2

麦茶の容器を、今年は新しいものに変えてみることにしました。
無印良品の耐熱ガラスピッチャーです。

価格は、590円。

私は1リットルが入る大きいサイズを買いましたが、0.7リットルの耐熱ガラスピッチャー(小)もあります。

ピッチャーに変更しようと思った理由

1Lで十分だったため

アクリル冷水筒との比較

ピッチャーに変更するまでは、無印良品のアクリル冷水筒を使っていました。
新しく購入したピッチャーは1リットルに入るのに対して、アクリル冷水筒は2リットル入ります。

1リットル分、サイズダウンしました。

どうして小さいのにしたのかというと、愛用しているケトルが1.5リットルまでしかお湯を沸かせられないからです。

野田琺瑯ケトル(ポトル)生活、はじめました。
ついに念願だった、野田琺瑯ケトル(ポトル)を買いました! ずっとシンプルで、形のきれいなケトルに憧れていて、「欲しいなー」と思いつつも...

沸騰させた水で麦茶を作っているので、2リットル容器を満杯にするために、2回お湯を沸かさなければいけませんでした。これがめんどくさい。
そこで、今回から1リットルにサイズダウンすることに決めました。

毎日のように麦茶を作っているので、今のところ、1リットルにサイズダウンしましたが、問題なさそうです。

熱湯でも使えるため

アクリル冷水筒は、熱湯には対応していませんでした。
だから、毎回、ボウルに麦茶を作り、冷ましてから冷蔵庫へ。

この手間も、結構めんどくさいんですよね。

麦茶をいれたピッチャー

今回購入したピッチャーは、耐熱ガラス素材で、熱湯にも対応しています。
だからお湯とティーバッグを入れれば、そのまま麦茶が作れてしまうのです!
おかげで、ボウルの洗い物を減らすことができました。

掃除がラクなため

さらに、ピッチャーは丸型のため、掃除が楽チンです。

洗いやすい

それまで使っていたアクリル冷水筒は、角ばっていた隅っこに麦茶の渋が溜まってがちで、掃除が大変でした。
丸型ならサッと洗いやすいのも、ポイントが高いです。

見た目がシンプルだったため

無印良品のピッチャー

最後は、なにより見た目がタイプです。
丸っこくて、シンプル。

無印良品のピッチャー注ぎ口

注ぎ口の見た目も、単純です。
アクリル冷水筒はクルクル回して、キュッとしめなければいけませんでしたが、ピッチャーはカポッとはめるだけです。

ただ、ピッチャーの難点は、冷蔵庫に入れるときに、横向きに置けないことです。
いつも横向きに保管している方にはおすすめできません。

私はいつも牛乳パックの横に、立てて置いているので、特に問題はありませんでした。

子どもが生まれて「1リットルじゃ、あっという間になくなってしまう」といならない限りは、私には1リットルのピッチャーの方が使い勝手がいい気がしています。

無印良品の通販は、LOHACO(ロハコ)で買った方が送料無料になりやすい!

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング