家計が苦しく節約したいなら、まずは居住費から見直そう。

お金・家・マイホーム

「貯金を増やすために、節約したい!」

そう思ったときに、こまめに電気を消して光熱費を節約したり、スーパーをはしごして食費を節約するのは、ちょっと待ちましょう。
その前に、まずやるべきことがあります。

それは、居住費の節約です。

スポンサーリンク

節約したいなら、まずは居住費から

サヨナラお金の不安にも書かれていますが、節約で最初に見直すべきは、居住費です。

なぜなら、家計において、居住費にかかる割合が大きいからです。
大きいからこそ、見直したときの効果は絶大!

光熱費や食費よりも、大きな節約へと繋がりやすいです。

見栄は余計な出費になっていることも

子どもの学校の関係で引っ越しができない方もいると思います。そういうかたをのぞいて、下記のような理由で引っ越しを検討していない場合は、引っ越しを検討した方が家計が助かるケースが多いです。

  • 「市」よりも「区」に住みたい
  • 見栄から高級住宅に住んでいる
  • 友達が周辺に多いからを理由だけに引っ越さない

家賃20万円の家に住み、見かけだけはお金持ちを装っていても、実際の家計は火の車になっている家庭も多くないそうです。
それならムダな見栄は捨て、もっと家賃を下げられるエリアに引っ越しをしましょう。それだけでも家計は一気に楽になるはずです。

また来年に子どもが小学校にあがるなど決まっている場合は、その前に引っ越し先を検討しておくのも手です。
学校に通い出してしまうと、なかなか転校しにくかったりすると思うので、その前に家賃を下げられるエリアに引っ越しておけば、小学校進学後も家計が助かります。

適正な住宅ローンを組もう

サヨナラお金の不安では、返済に無理がある住宅ローンを組んでしまうかたについても指摘していました。

その方は、50代で7000万円の住宅ローンを組んでしまったようです。
頭金に2000万円用意できたものの、定年まで残り8年。年収は1000万円と高いながらも、残り5000万円をあと8年でどうやって返すべきか悩まれているとか。

退職金をすべて返済に使えば返済できるかもしれませんが、そうすると老後資金がゼロに・・・。

これは極端な話かもしれませんが、「住宅ローンってどれくらいで組めばいいのだろう?」ってわからないものですよね。

サヨナラお金の不安には、「年収500万~700万の30、40代は3000万円台が限度」と書かれています。
ローンは借りられる金額ではなく、無理なく返していける金額で借りる

具体的な数字でいうと、年収の5倍。さらに年収に対して返済の負担割合は25%以内に。

このことを頭にいれておくと、住宅ローンで失敗するリスクは減らすことができるそうです。

「家計が苦しくて節約したい」場合は、まずは住居費を見直してみて、自分たちにあった住処を見つけるのが一番ですね!

引っ越し代はもとがとれる!早めに引っ越して、住居費を節約するコツ
賃貸のいいところは、住む家を柔軟に変えやすいところです。 「もう少し家賃が安いところがいいなー」と思ったら、今よりも家賃が安い家へ...
スポンサーリンク
ブログ村ボタン
ブログ村に参加中です^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
▼みんなの断捨離ブログ
ブログ村 断捨離
ブログランキング 断捨離
▼みんなの節約ブログ
ブログ村 節約
ブログランキング 節約