家計簿に「お小遣い」の項目を作らない理由

いろんなかたのブログを巡って、家計簿を参考にさせてもらうことがあるのですが、そこで気がつきました。

たいていの家計簿にある項目が、うちにはない。

それは「お小遣い」です。

スポンサーリンク

我が家の家計簿の項目

私は、下記の項目で家計簿をつけています。

  • 家賃
  • 食費
  • 保険
  • 日用品
  • 光熱費
  • 交通費
  • 趣味
  • 交際費
  • 通信費
  • 衣服・美容
  • 医療費
  • その他

「お小遣い」という項目は存在しません。
そもそも、我が家の場合、「お小遣い制」を取り入れていないので、毎月の「お小遣い」も決まっていない状態です。

お小遣い制を取り入れていない理由

結婚当初、夫が嫌がった

私も最初は「お小遣い制にしようかな?」と思い、夫に持ちかけてみました。
しかし、夫は拒否。

「お小遣い以上の金額のものを自分が買いたいと思った時に、いちいち相談しないといけないのが嫌だ」とのことでした。

夫のお小遣い制を導入するべきか。
私たち夫婦は、お小遣い制を導入していません。これは結婚するタイミングで話し合い、夫が「お小遣い制は嫌だ」と言ったためです。 夫がお...

それからお小遣い制になることはなく、今に至っています。

毎月決まった額使えると思わずに済む

「お小遣い」っていったら、その金額分好きに使えるってことですよね。

例えば、毎月3万円のお小遣いがあったら、「自由に使えるお金が3万円ある」って考えてしまいそうです。

そう考えると、我が家の場合、とくに「お小遣い」という項目で予算を決めなくてもいいかな?と思っています。
必要なものは買うし、必要じゃないなら買わない。

そう考えられるようになってきたためか、お小遣いという項目が必要ないのかもしれません。
我が家の場合、月によって趣味や娯楽、交際費に使ったお金はほとんどかからなかったり、反対に、使いすぎてしまったりと変動します。(これがいいのか、わるいのかわかりませんが笑)

お金を使った項目が把握しにくい

それと「お小遣い」という項目で家計簿をつけてしまうと、何にお金を使いすぎてしまったのか、わかりにくいんですよね。
お小遣いなので、好きに使えるお金で把握しなくてもいいのかもしれませんが・・・。

私は使ったお金はなんとなーくでも、どんな項目にかかったのか、家計簿につけたいので、今の方法が合っているのかもしれません。

以上、うちがお小遣い制を取り入れていない理由をまとめてみました。
家計簿って家庭によって様々でみていて面白いですよね。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン
ブログ村に参加中です^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
▼みんなの断捨離ブログ
ブログ村 断捨離
ブログランキング 断捨離
▼みんなの節約ブログ
ブログ村 節約
ブログランキング 節約