片付ける前に、まず捨てる。シンプルな暮らしを手に入れる3つのポイント

リビングを模様替えする

汚部屋に暮らしていた私が、少しずつモノが少ないシンプルな暮らしに近づけるようになったのも、いろんな試行錯誤があったからこそです。

最初は思うように部屋が片付かず、収納ケースからはみ出したりしていました。
片付けてもすぐに散らかってしまったり・・・。

そんな私の失敗談からわかった、シンプルな暮らしを手に入れる3つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

シンプルな暮らしに近づくための3つのポイント

1、片付ける前に、捨てる

実家の物を捨てる

部屋が散らかっている場合、「まずは片付けよう」と思いますよね。

これが間違いでした。

モノが多い状態のまま片付けをしても、またすぐにぶりかえしまうからです。
根本にある「モノの多さ」に向き合わなければ、ずっと、散らかって→片付けての繰り返しです。

まずは「不要なもの」を捨てる
ここから始めることが大切です。

2、繰り返し、捨てる

捨てた靴下たち

不要なものを捨てたら、またしばらく日を置いて、残ったモノたちを見てみます。

すると、「あれ?なんでこれまだ取っておいたんだろう?」というものが出てくる、出てくる・・・。
私は引越し前に不用品を全部捨てたはずなのに、新居で「なんでまだ持っているんだろう?」というアイテムに数々出会いました。

「いらないモノは全部捨てた。残りはすべて必要なもの」これは大きな間違いでした

「手放す」ということは1度行なったら満足するのではなく、何度も繰り返し行うことで、本当に必要なアイテムだけが家の中に残るようになります。

もし、「捨てるのはもったいない」、「まだ使えるからほかの人に」という場合は、宅配買取に買ってもらうのが手間がかからず、ラクチンです。

【不要品を高く売るコツ】それは、○○で売ることです!

また繰り返し不用品を手放すことで、「手放す」ことへの抵抗が減ってきます。
最初は「高かったから」「もったいないから」「まだ使えそうだから」などを理由になかなか手放せなかったりしますが、次第に、持っている理由を探すのをやめるようになります。

3、収納は余裕を持たせる

洋服の収納ケースを整理2

ある程度、モノを手放すことができた後は、ようやく片付け(収納)にとりかかります。

モノが減ったことで、収納スペースにも余裕が出てくるようになっているのではないでしょうか?
この余裕こそが、片付けのリバウンドを防いでくれます。

なぜなら、収納スペースに余裕ができることで、取り出しやすく、片付けやすくなるからです。
出し入れが簡単になれば、片付けを億劫に感じにくくなり、モノを出しっ放しにすることが減っていきますよ。

さらに、ぎゅうぎゅうにモノをつめこんでしまっているときは、奥に何がしまわれているのかわからない状態だったりしますよね。そうすると、余計に同じようなモノを買ってしまったり・・・。

モノが減れば自分がどんなアイテムを持っているのか把握しやすくなり、同じアイテムを買ってしまう出費をなくすことができるようになります。モノが減れば、節約にもなって一石二鳥ですね!

そのことはこちらの記事でも書きました。

夫婦2人暮らし。月18万円で生活できるようになった節約術

最後に

散らかって片付けばかりに追われていた私が、少しずつ片付けから解放された理由を探してみたところ、上記の3つがポイントな気がしています。

片付けから解放されるためにも、まず捨てる。

ぜひ捨てることから始めてみてくださいね。

洋服を手放して2年。去年は衣装ケース3つ分を手放すことができました
「ブランディア」で洋服を買取してもらいました!手順と買取価格を紹介します
Vaboo(バブー)で本を買取してもらいました! 査定額と感想は?

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング