料理中にレシピ本を見やすいように、キッチンに収納スペースを確保しました!

私は料理本に頼って、料理を作ることが多いです。
クックパッドも愛用サイトなくらい、自分では味付けが苦手で・・・。

めんどくさがってレシピを見ず、適当に味付けをした日は失敗することが多いんですよね(笑)

スポンサーリンク

つくおきが1番使い勝手がいい

つくおきの本

今まで料理本は何冊かみてきましたが、今のところ使い勝手がいいのは、「つくおき」です。

料理が苦手な主婦がまとめて作り置き料理「つくおき」をしてみました!
私はもともとズボラ体質で、家事が面倒で仕方ありませんでした。 それでも、断捨離に目覚めてから、掃除と収納、洗濯は好きになることができました...

今では買い物するときに、スーパーへ本を持って行き、買う食材を選ぶようになりました。
本も小さめに作られているので、カバンから出して読みやすいのも魅力です。

付箋で作る料理をチェック

1度に3〜5品作り置きするので、作るページにはチェックを入れるようにしています。

どんな風にチェックしているかというと・・・

つくおきを付箋つけて

付箋(といっても本当はガムの包み紙を利用しています笑)を本の内側に忍ばせておき、

つくおきの活用術

作るメニューに付箋を貼る。
そして作り終わったら、また付箋を元に戻す。

ということをしています。
こうすれば作るたびに、作りたいメニューをチェックできるので、便利です。

料理本はキッチンにあった方が使いやすい

参考にしている料理本

今更気がついたことがあって、それは「料理本は使う、キッチンにあるのがいい」ってことです。
もう何年か前に買った、料理のきほん練習帳なんて、本棚に眠っていて、最近はめっきり出番が減っていました。

やはり使う場所にないと、使わなくなってしまいますね・・・。

料理本の置き場

そこで、料理本はレンジの横に収納してみることに。
これなら「味付けどうするんだっけ?」ってときにも、すぐに取り出せて参考にすることができます。

「必要な場所に、必要なモノを」
改めてその重要性に気がつくことができました。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング