「手放してよかった!」キッチンからなくなった6つのモノ

「持っているのが当たり前」と思っていたものも、手放してみると、案外平気なものも多いです。

そういう固定概念にとらわれずに、「手放してよかった」と思ったものがたくさんあります。
今回はキッチンからなくなったものをご紹介します。

スポンサーリンク

キッチンからなくなったモノ

水切りかご

水切りカゴがあるキッチン

水切りかごは一番手放すことが不安でした。
だから手放すまでに1ヶ月くらいかかった気がします。

今では水切りかごがない生活にも慣れています。

まな板立て

まな板立ては断捨離

まな板立てもキッチンのスペースが圧迫していたこともあり、手放しました。
現在は、ガスコンロの換気扇に吊るしています。

ただ、いまの収納は不安定なので・・・
コンパクトでおしゃれなまな板立てが見つかったら、もしかしたらまた買うかもしれません。

三角コーナー

シンクの中を整理

三角コーナーに洗剤やスポンジなどを入れていましたが、やめました。
現在は吊るしています。

キッチンスポンジはどこに置く?我が家の置き場の変移をまとめてみました

三角コーナーは持たない

生ゴミ入れには卵が入っていたケースを再利用しています。
このケースに透明ビニールを被せ、生ゴミをポイポイ入れて、袋ごと縛るだけです。楽チンなので、オススメですよ。

圧力鍋

圧力鍋を処分

圧力鍋は、もともと破裂しないかビクビクしながら使っていました(笑)
空気が漏れ出ている音がして来たのをきっかけに、手放すことにしました。

いまのところ鍋で代用できているので、手放しても困っていません。

コーヒーメーカー・電気ケトル

野田琺瑯とコーヒー

コーヒーメーカーとケトルは、どちらもアナログなものに変えました。
野田琺瑯のケトルでお湯を沸かし、コーヒーサーバーでコーヒを入れています。

朝の手間は増えましたが、面倒とは感じず、いまのところ楽しんでいます。

キッチンマット

キッチンマットがない

こちらは無くしたことで、掃除と洗濯が楽チンになりました。

代わりに、油がはねるような料理を作る時は、床にチラシを敷いて、床が汚れないように工夫するようにしています。
いまのところなくてもいいかなと思っているので、このままで行く予定です。

まとめ

こうやって振り返ってみると、キッチンだけでも手放したものが6つもありました。
(もともと持っていない食器洗い用のタライなんかも入れるともう少しありそうです)

それでもまだまだキッチンは改良の余地があるので、もっとスッキリできるように、持っているモノを「本当に必要かな?」とチェックして、余計なものは手放して行きたいです。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング