なぜ散らかるのか?片付けやすい仕組みが知れる「片付けの解剖図鑑」

住まいの解剖図鑑
注文住宅を建てる予定が今のところあるわけではないのですが、興味本位で読んでみた、住まいの解剖図鑑

なぜ住宅の作りはそうなっているの?注文住宅で失敗しないために読んでおきたい「住まいの解剖図鑑」
「どうしてトイレの扉は、外開きが多いのだろう?」 「姿見はどこに置くのがいいの?」 今までなんとなく暮らしていた住宅。 注文住宅と...

片付けの解剖図鑑
住まいの解剖図鑑が面白かったので、今度は、片づけの解剖図鑑を読んでみました。

筆者は違うようですが、同じようにイラストたっぷりで、わかりやすく書かれている本です。

スポンサーリンク

散らかりにくいキッチンとは?

キッチンといっても、今はいろんな種類がありますよね。
食器洗浄器がついたキッチン、シンクが広いキッチンなどなど。

片付けやすいキッチンはどれ?

このイラストの中で筆者がすすめているキッチンは、広いシンクのキッチンではなく、普通のシンクのキッチンである、「C」と「D」です。

ちなみに私は夫婦2人暮らしのため、まだ食器洗浄器の必要性を感じていないので「C」を選びました。

なぜ広いシンクではなく、狭いシンクなのか?

それは、空き地を増やすためだそうです。

シンクは洗うしかしません。
でも空きスペース(空き地)では、食材を切ったり、盛り付けたり、食器の水を切ったりしなければいけません。

だからシンクを広くするのではなく、空き地を広く取った方が良いということですね。

広い家を建てても、片付かない理由がある

片付けの解剖図鑑の本

なぜ、散らかるのか?

それは、正しい間取りだったり、必要なスペースがないことが理由だということがこの本を読んでわかりました。

「いつも散らかっているから、もっと広い家に住みたい。」と考える前に、今の家でリフォームしてできることがあるかもしれません。

住まいの解剖図鑑とセットで、注文住宅を建てるときは(そんな日が来るのだろうか・・・)、また読み返したい本です。
(住宅を建てる前にどちらか1冊だけ読むなら、住まいの解剖図鑑の方がオススメです)

なぜ住宅の作りはそうなっているの?注文住宅で失敗しないために読んでおきたい「住まいの解剖図鑑」
「どうしてトイレの扉は、外開きが多いのだろう?」 「姿見はどこに置くのがいいの?」 今までなんとなく暮らしていた住宅。 注文住宅と...
スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング