なぜ住宅の作りはそうなっているの?注文住宅で失敗しないために読んでおきたい「住まいの解剖図鑑」

「どうしてトイレの扉は、外開きが多いのだろう?」
「姿見はどこに置くのがいいの?」

今までなんとなく暮らしていた住宅。
注文住宅となれば、一つ一つ、どんな家にしようかなと考えるかもしれませんが、賃貸や建売の場合、作られたものに入居するので、あまり意識してこなかった部分も多いと思います。

住まいの解剖図鑑

今まで特に意識してこなかった私は、住まいの解剖図鑑を読みながら、この配置には「こんな意味があったのかー」と発見の連続でした。

これから注文住宅を建てようと思っている方は必見の本ですよ。

スポンサーリンク

キッチンの配置もこだわろう!

住まいの解剖図鑑で注文住宅を学ぶ

例えばキッチンも、手際よく料理するために、配置にも配慮する必要があります。

冷蔵庫・コンロ・シンク・まな板。
これらはどの順番で並べたキッチンにするべきなのか・・・?

正解は、冷蔵庫→シンク→まな板→コンロと調理で使う順に並べるのが正解だそうです。

家づくりで失敗しないために

よく「家は3回建てないと理想の家にならない」と言いますが、きっとこういうことを家づくりの段階で意識するようになるのが、3回目なのかもしれませんね。

部屋を広く確保するためには階段の位置や、向きにもこだわる必要があるなんて、建築素人の私たちは知らないですもんね・・・。

住まいの解剖図鑑では、「安く家を建てるためにどうしたらいいか」といった情報は一切なく、「考えて配置すべきこと」「必要な幅やサイズ」などが具体的に書かれています。

「廊下の面積が無駄に増えすぎてしまっていないか」など、自分で知識をつけておくのとないのとでは、設計士さんと言いなりにならずに済むと思いますよ。
とにかく、注文住宅をこれから建てようと考えている方に、特にオススメしたい本です。

「住まい」の解剖図鑑だけでなく、「片づけ」の解剖図鑑も読んでみました!

なぜ散らかるのか?片付けやすい仕組みが知れる「片付けの解剖図鑑」

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング