「平屋に暮らす」を読んでみて感じた、新しい安心感。

最近は、家計管理や断捨離の本だけでなく、住宅に関する本も読むようになりました。
今読んでいるのは、「平屋に暮らす」です。

平屋に暮らす
数年前までは「広い家がいい!」と思っていて、戸建てを買うなら2階建て以上が当たり前だと思っていました。
それが今では平屋やスモールハウスに興味深々。

最近とても魅力に感じる家は、「スモールハウス」と「平屋」です
「家は広いに越したことがない!」「収納たっぷりクローゼットがいい!」 今まではこんな価値観で生きてきました。 でも少しずつ家への価値...
スポンサーリンク

本当に平屋に住みたいのか?

でも実際問題、平屋に住みたいのも一時の感情なのかもしれない。
そう思って、しばらくは興味のある平屋やスモールハウスの本を読みながら、本当に興味があるのか、見極めているところです。

すぐに家を建てられる資金があるわけではないので、賃貸でないか、土地から購入するならどのくらいの費用がかかりそうか、調べています。

平屋=2階建てよりも土地が必要な場合も

そして、平屋に暮らすを読んでいてわかったことは、「土地が2階建てよりも必要になりそう」と思ったことです。

同じ建物面積の家を建てるにも、2階建てよりも、土地が2倍必要な計算になります。
考えてみたら、当たり前ですよね。1階建てですからね・・・。

改めて魅力を感じた平屋

ただ平屋に暮らすを読んで、改めて平屋の魅力を感じたことも。
それは、平屋は暮らしの場すべてが地面につながっていることです。文字通り、地に足のついた暮らし、そのもの。

例え火事になっても、平屋であればどの窓・ドアからも逃げられる。
そういう安心感も平屋にはあると感じました。

実際に平屋で暮らしている20組を特集している、平屋に暮らすを読みながら、しばらく平屋暮らしを妄想して楽しんでいます。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング