ダイニングテーブルは、何も置いていない状態が気持ちいい

ダイニングテーブルはいつもきれいに
食事をするダイニングテーブルは、リビングの中心にあります。
だからダイニングテーブルの上には、ついついモノを置いてしまいがち。

書類・ケータイ・使いっぱなしのお皿にコップ・・・

でもダイニングテーブルに何も置いていないと、部屋がきれいに見えることに気がついてからはなるべくモノを置かないようになりました。

スポンサーリンク

何も置いていなければ作業スペースにもしやすい

ダイニングテーブルはリセット
パソコンをするときは、ダイニングテーブルでも行う時があります。

書類を書いたりするのも、ダイニングテーブルです。
テーブルに何も置いていないと、すぐにパソコンを開いて作業が始められます。テーブルに何もないので、気が散ることもありません。

そして作業が終わったら、パソコンはしまう。
そうすることで、テーブルの上はいつもスッキリしています。

モノで溢れかえっている実家はテーブルの上もモノが多い

実家を例にあげると、ダイニングテーブルの上にもいろんなモノがのっています。

箸立て・調味料・お菓子・ティッシュケース・書類・・・

だからダイニングテーブルは大きいのに、空いているスペースは半分くらい。
家族みんなで揃って食事するときは、狭く感じました。

これだけのモノがテーブルに乗っていたら当たり前ですが・・・。

テーブルの上が散らかっているから、余計部屋もごちゃごちゃして感じます。
だからこそ、テーブルの上はなるべくモノを置かない。

そうすることで気持ち良く食事もできるようになります。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング