「簡単に暮らせ」を読んで感じた、自分ルールを確立していく大切さ

簡単に暮らせ
ブログで人気のちゃくまさんが出版した、「簡単に暮らせ」を買って読んでみました。
普段からブログを読んでおり、「いつも知識と文章力が豊富だな」と思っていただけに、書籍も読み応えたっぷり。
断捨離や持たない暮らしの本は、写真多めで文字少なめなものが多いなか、こちらの本は写真は一切なし、ほとんどが文章・ときどきイラストになっています。

スポンサーリンク

簡単に暮らすために、自分ルールを持つ

簡単に暮らせ2

「簡単に暮らせ」を読んで感じたのは、『自分なりのミニマムなシンプルな暮らし』を実践されているということです。
ミニマムというと、極端にモノを少なくして生活していると想像しがちですが、ちゃくまさんはそういう暮らしをしているわけではありません。

必要なモノ・必要でないモノを全部自分の経験から判断して、自分なりに必要ないものは持たずに暮らしています。

私はまだ主婦歴も短く、手探りで、暮らしているような状況です。
そのため、自分の判断だけでなく、インターネットの情報も参考にして生活に取り入れています。

でも、暮らし方は人によっても様々なので、インターネットの情報ではなく、自分の経験値を上げることで、暮らしやすさを取り入れていくのが理想的だなと本を読んでいて感じました。

私には定番の品もまだまだしっかり定まっていませんし、ルールもこれといって決まっていません。
これから暮らしていくなかで、自分なりの最善を見つけていけたら、もっとシンプルに悩まず暮らせるのではと気がつきました。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング