本当に必要なモノだけを見分ける力をつけたい

家・マイホーム・住宅
「○○ちゃんの家では、最新の家電を買ったらしいよー」
「ついに、○○さんがマイホームを買ったって」
「みんなが入っているから、保険も入っておこうかな…」

いつもまわりの状況を確認し、自分も乗り遅れないように気をつけてきたように感じます。
でも、もうやめました。やめるようにします。

自分でしっかり必要かどうかを考え、必要なモノだけにお金を使っていきたいです。

スポンサーリンク

本当に必要なモノだけを見分ける

誰かがどうかしたから、買う・持つではなく、自分の意志で選びたい。

私は子どもの頃から姉が買った物を「おさがり」という形でよく受け取っていました。

学生時代は、洋服をおさがりしてもらって、「お金が浮いてラッキー」くらいに思っていました。
でも考えてみたら、私はその洋服全部を気に入っていたわけではなく、「せっかくもらったから」と妥協して着ていました。

これはおさがりの洋服だけでなく、ほかのものにも言えます。
プレゼントしてもらったけど、自分には合わないもの。勧められたまま入った保険。

それでも「なんとなく」使ってきました。正確には、何も考えていなかったのかも。

これからは自分に必要なモノをしっかり考え、それだけにお金を使っていきたいです。
普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話を読んで、そんな風に感じました。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング