「老後が心配だから…」と、若いうちから節約ばかりでつまらない人生を歩んではいけない

自分が節約する理由を考えてみると、「老後のため」というのが大きいです。

老後まであと30年以上もありますが、それでも今から心配で節約しているということになります。
そんな暮らしに警報をならしているのが、普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話の佐藤さんです。

スポンサーリンク

節約しても老後は安心できない

普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話

老後に必要なお金は、3,000万円とされています。
本によっては5,000万円だったり、1500円だったり・・・。

でも、この金額は当てにならないそうです。
「3,000万円貯金できたから、安心!」とは限らないのです。

理由としては自分が老後を迎えるまでに、物価は変動するだろうし、年金の支給額は変わるかもしれない。さらには支給年齢も引き上げられるかもしれない。その度に、老後資金に必要な金額は変わってくるからです。

節約ばかりでは人生楽しめない

30年先の老後を気にして、今の生活を楽しめていない方も多いと思います。

若い現役時代に節約ばかりの人生でつまらない。
さらに、老後も楽しく過ごせなかったら・・・
人生、節約と苦労で終わってしまいます。

そのために、普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話では、「何となくの不安病」から節約するのではなく、思いっきり人生を楽しみ、お金といい距離を取るヒントが書かれています。

ただやみくもに不安から節約を頑張っている方は、一度読んでみると、不安が和らぐかもしれません。

スポンサーリンク
ブログ村ボタン

ブログ村に参加中です^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

▼みんなの節約ブログ

節約ブログランキング